みやこ内科クリニック ジムチョーのブログ

春日井市で内科をやっているみやこ内科クリニックです。開業するまでのことや開業からのことをブログにしています。クリニックを開業したい方は参考にしてみてください。医療の可能性はまだまだあると思います。

ジムチョーの紹介

本名:石黒良祐(いしぐろ りょうすけ)

f:id:ichiro-ishiguro:20180101092049j:plain

ニックネーム

ジムチョー、石ちゃん、りょうちゃん、ミスター自画自賛、ちゃびん

 

口癖

うるせぇ、ええんちゃう、オレはええねん、仕方ないやん、なんじゃ

 

経歴

1979年、生まれて最初にしゃべった言葉は「オギャー」

 

幼稚園時代

必殺仕事人のモノマネをして幼稚園の先生が笑った。

生きる道はこれだと決意する。

 

小学生時代

学校の先生のみならず同級生をネタにして嫌われ者になる

 

中学生時代

裸になって安易な笑いを取るようになる

 

高校生時代

プロレスラーのモノマネで教室の後ろで数人のスターになる

 

大学生時代

合コンで自己紹介をしていたら、目の前の女性たちがメニューを見ている。

あれ?僕は声を発していないのかと友人に聞くと声は聞こえてる。聞く必要ないって思われてんねんと言われる。

無視されたことで、自分がモテない見た目であることを自覚

どうしたら話を聞いてもらえるのかを模索

しゃべらないとダメだと必死に磨き、そこそこウケるようになる

ウケる=モテると勘違いをして、必死にしゃべるが電話番号を交換することはなかった。

なんで、ウケたのに番号教えてくれんのじゃ!!って叫ぶと。

女の子から「男のおしゃべりはみっともない。」と言われ努力を全否定される。

モテることなく大学時代を終える。

ただ、この時代のおしゃべりが大きな糧となる。

 

社会人時代 

印刷会社に就職し、半同棲していた彼女にプロポーズ。

頭が悪い人と一緒にいるのがつらいからと断られる。

このままだとアホ過ぎて生きていけない、FP三級を取れと言われたので。

「FP取れば結婚してくれるんだ。」と勘違いをして必死に勉強。

合格したので、プロポーズ。

これであんたは生きていけると追い出される。

この時に会社を退職。

そこから二級、宅建と取り再度プロポーズ。

結果メールアドレスを変えられ。

「あ、ふられてたんだ。」と気がつく。

 

二度目の大学時代、自営業時代

FPの相談やホームページの作成、アパート経営をしながら看護大学に通う。

10歳も離れていてさらに女の子ばかり。

グループワークで僕がはいると「ハズレ」と言われる日々。

おじさんだからかなって思っていたけど。

後から聞いたら、僕の態度が悪かったことが判明。お詫びしました。

FPを取ったことで勉強会の誘いを受けて、興味本位で参加してみた。

大人が仕事が終わった後に勉強していることに衝撃を受ける。

そして、知るっておもしろい。勉強ってステキって実感する。

根っからのお調子者だったので、とてもよくしてもらった。

 

会社経営時代

看護師・保健師になったので看護師になろうとすると

兄でもある院長から「お前みたいなやつは、病院には合わん。起業しろ。」

と言われ、自営業から法人化する。

この法人化する時にお世話になった先生とは運命的な再開を果たす。

ちょうど宅建やFP、経済セミナー講師。

副業相談、ホームページ作成、ブログ作成、動画編集、婚活パーティーの司会。

簡単にいうと、なんでもやっていた。

大学の時に合コンで鍛えたおしゃべりが話術と評価され、頭のいい大人の方々からおもしろいと言われる。

でも、やはり男のおしゃべりは女性受けは悪く別の女性へのプロポーズに失敗する。

 

みやこ内科クリニック事務長就任

会社経営は続けながら、兄とともに医療で貢献するためにはと模索

というより、兄がほぼ一人で模索しているのを横で応援しているだけ。

岐阜県輪之内町の診療所の院長を3年経験後。

働く世代・育児世代に優しいクリニックが必要だ。

ということでみやこ内科クリニックの準備に入る。

「早朝・日曜祝日診療だけでも他にないのに。個室で、診療・処方・会計まで全て行うなんて前例がない。」

という理由で相手にされず。

仕方ないから院長と自分の二人で開業準備。

いろんな人のおかげで2017年2月26日に開院。

同時に日本で一番おしゃべりな事務長が誕生。

現在は、戦力外と見なされジムチョーと言われる。

主な仕事は「買い物」と「外の掃除」

 

 

ジムチョーの日記目次

 

1、アマゾンに頼られるじじいになる

2、ビジネスプランコンテストでグランプリ発表の裏で起こっていたこと

3、今だから話せるアナザーストーリー くそ忙しいって言いながら合コンには行っていた

4、寒い中での冷房か暑い中での暖房か

5、二日で人生が変わる箱の法則の感想文

6、僕は子どもにきつい。それには大学時代のわがままな友人の教えがある

7、わかりにくい才能は見つけてみんなに言おう

8、誰にでもできることとできないことがある

9、問診表を導入する

10、気分を上げるにはわかりやすく結果を出す

11、語彙数が多いと賢いかもしれないけど…

12、思いを伝えたければ言葉を減らそう

13、愛知教育大学付属中学のうらやましい授業

14、みやこ内科クリニックがクリスマスが控えめな理由

15、ハゲてみたんじゃに飽きたので

16、控えめな人には積極的に話しかけよう。意外な才能を持っている

17、事業を起こして挑戦するための心構え。最後はアドリブだ。

18、スライドなし、資料なしでもプレゼンはできる

19、一年前と現在を比べてみた

20、JAで見た仁義なき戦い

21、自分がどんな状況か教えてもらおう

22、戻るならいつに戻りたい?

23、毎日クリニックの玄関を掃除してわかった。掃除の楽しさ

24、お昼ごはんはどうしているの?

25、言ってもらった一言で迷いがなくなった

26、「え?九九って覚えさせるの?」みやこが驚いた

27、ジムチョーはどんな時に体調が悪くなる?

28、日曜日外で話していたこと

29、日曜日や祝日が混雑していたら院長の夢はかなっていない

30、あれから一年、まだ言う

31、イオンで親子に驚かれる。自分がどこにいるのかわからなくなっている。

32、早朝診療している理由、僕が起業して困ったから

33、院長が好きな話 僕を寝起きドッキリした話

34、わしゃ子どもかって話

35、久しぶりに泣いてしまいました

36、正直こんなことになるとは思っていなかった

37、朝活@NGOに参加して

38、栄で行われている漂流読書会に参加した

39、兄がみやこに言った「お前のせいでこいつ狂ってるで」

40、みやこの引きの強さ

41、草もち大好き、食べたいいやなりたい

42、僕がよろず支援拠点に足を運ぶ理由

43、足ぐねった人が人にいえずに我慢しているのを僕だけが見ている

44、石黒家のくだらん話「これ捨てたら松坂桃李になれる」

45、みやこを通すと手数料が高い

46、人生の楽しみ方なんて人それぞれ

47、ドトールにて知らないおじさんと対決

48、みんなのグラフの縦軸がかわっていく

49、診療後の一幕 スラムダンクでいうところの

50、いやいやいや、いいですじゃねぇんです

51、院長事件です「日傘をさして歩いてみた」って話

52、僕と新日本プロレスと 棚橋弘至選手の本を読んで思う

53、みやことスシローに行った。仲良しじゃねぇ

54、いつからこっちが悪くなってる?