みやこ内科クリニック ジムチョーのブログ

春日井市で内科をやっているみやこ内科クリニックです。開業するまでのことや開業からのことをブログにしています。クリニックを開業したい方は参考にしてみてください。医療の可能性はまだまだあると思います。

ジムチョーの紹介

本名:石黒良祐(いしぐろ りょうすけ)

f:id:ichiro-ishiguro:20180101092049j:plain

ニックネーム

ジムチョー、石ちゃん、りょうちゃん、ミスター自画自賛、ちゃびん

 

口癖

ええんちゃう、オレはええねん、仕方ないやん、うるせぇ

 

経歴

1979年、生まれて最初にしゃべった言葉は「オギャー」

 

幼稚園時代

必殺仕事人のモノマネをして幼稚園の先生が笑った。

生きる道はこれだと決意する。

 

小学生時代

学校の先生のみならず同級生をネタにして嫌われ者になる

 

中学生時代

裸になって安易な笑いを取るようになる

 

高校生時代

プロレスラーのモノマネで教室の後ろで数人のスターになる

 

大学生時代

合コンで自己紹介を無視されたことで、モテないことを自覚

どうしたら話を聞いてもらえるのかを模索

しゃべらないとダメだと必死に磨き、そこそこウケるようになる

ウケる=モテると勘違いをする。

女の子から「男のおしゃべりはみっともない。」と言われ。

モテることなく大学時代を終える。

ただ、この時代のおしゃべりが大きな糧となる。

 

社会人時代 

印刷会社に就職し、半同棲していた彼女にプロポーズ。

頭が悪いからと断られる。

このままだと生きていけない、FP三級を取れと言われたので。

「FP取れば結婚してくれるんだ。」と勘違いをして必死に勉強。

合格したので、プロポーズ。

これであんたは生きていけると家を追い出される。

この時に会社を退職。

そこから二級、宅建と取るが結果メールアドレスを変えられ。

「あ、ふられてたんだ。」と気がつく。

 

二度目の大学時代、自営業時代

FPの相談やホームページの作成、アパート経営をしながら看護大学に通う。

10歳も離れていてさらに女の子ばかり。

グループワークで僕がはいると「ハズレ」と言われる日々。

ただ、FPを取ったことで勉強会の誘いを受けて勉強をするようになる。

大人が勉強していることに衝撃を受ける。そして、勉強の意味を教えてもらう。

根っからのお調子者だったので、とてもよくしてもらった。

 

会社経営時代

看護師・保健師になったので看護師になろうとすると

兄でもある院長から「お前みたいなやつは、病院には合わん。起業しろ。」

と言われ、自営業から法人化する。

この法人化する時にお世話になった先生とは運命的な再開を果たす。

ちょうど宅建やFP、経済セミナー講師。

副業相談、ホームページ作成、ブログ作成、動画編集、婚活パーティーの司会。

簡単にいうと、なんでもやっていた。

大学の時に合コンで鍛えたおしゃべりが話術と評価され、頭のいい大人の方々からおもしろいと言われる。

でも、やはり男のおしゃべりは女性受けは悪く二度目のプロポーズに失敗する。

 

みやこ内科クリニック事務長就任

会社経営は続けながら、兄とともに医療で貢献するためにはと模索

というより、兄がほぼ一人で模索しているのを横で応援しているだけ。

岐阜県輪之内町の診療所の院長を3年経験後。

働く世代・育児世代に優しいクリニックが必要だ。

ということでみやこ内科クリニックの準備に入る。

ただ、医療コンサルタントに説明しても

「早朝・日曜祝日診療だけでも他にないのに。個室で、診療・処方・会計まで全て行うなんてやったことがない。」

と言われたので院長と自分の二人で開業準備。

いろんな人のおかげで2017年2月26日に開院。

同時に日本で一番おしゃべりな事務長が誕生。