みやこ内科クリニック ジムチョーのブログ

春日井市で内科をやっているみやこ内科クリニックです。開業するまでのことや開業からのことをブログにしています。クリニックを開業したい方は参考にしてみてください。医療の可能性はまだまだあると思います。

みやこのブログで元気をもらっていると言ってもらったので、それをみやこに伝えてみた答えでちょっとジ~ンっときてしまった。

みやことは生まれた時からの腐れ縁、どうもジムチョーです。

 

クリニックの外で掲示物の張替えをしていると。

 

「みやこさんのブログで悩んだ時とかに元気をもらっています。」

 

と言ってもらえたので。

 

そのことをみやこに伝えてみました。

 

↓好きなから揚げを食べるみやこ↓ 

f:id:ichiro-ishiguro:20180102093529j:plain


悩んだ時に元気もらってる

クリニックで言われたよと報告すると。

 

「悩んでるのか~~?

 

子育て中?」

 

そうだね。

 

みやこは子育てで悩んだん?

 

「悩んだというか、わからないわからない。

 

そんな毎日で、悩むって感じでもないねん。

 

一日が始まって終わってとかって感じもなかったな。」

 

うそだ~~。

 

わし、殴られまくった記憶しかないよ。

 

悩んでるとこ、見たことないで。

 

「アホやな、お前は。

 

怒ってな、言うこと聞くようになるまでが大変やねん。

 

なにしても泣くって時期があって。

 

歩くようになるとだ。

 

何もできへんくせに、うろうろ歩いて転んで怪我して。

 

ほんで泣くねん。

 

何もしてないのに泣いてた頃から。

 

なんかして泣くようになんねん。

 

なんでうろうろ歩いた。

 

なんでうろうろ歩いたんや!!

 

キーーーーーーーってなんねん。

 

でも怒れないしな。」とみやこ。

 

その後やがな、キーーーーーってなったらどうしててん。

 

殴ったやろ。

 

「叩いてへんよ。

 

そこは、よくわからんねん。

 

気がついたら、幼稚園やねん。

 

気がついたら、小学校やねん。

 

気がついたら、偉そうなこと言うようになってだ。

 

気がついたら、なんかご飯おごってくれて。

 

気がついたら、お小遣いくれるんよ。」

 

さっきから言ってる。

 

気がついたらってなんやねん。

 

アドバイスとかよ。

 

ないんかいな。

 

「終わってるからこっちは。

 

そんな人間が無責任にこうしろって言うと混乱すんのよ。

 

未来にこうなるなんて、やってる時は知らん。

 

知ってたら、もっとこうしようとか工夫できるけど。

 

でも、その時はこうなるとは思ってないねん。」と僕を指差しながら言うみやこ。

 

ご飯ご馳走になるとは思わんかったやろ。

 

自分の名前がクリニックになるとも思わんかったやろ。

 

「ええように言うなや!!

 

それは、院長の力やんか。

 

お調子者で口が達者のチビで、ほんでハゲるて。

 

こない胡散臭いやつになるとはな!!

 

クールな、きゃしゃな男になってほしかったわ!!

 

石田純一みたいな。」

 

見た目以外わし!!!

 

男前以外、だいたい叶ってるわ。

 

お調子者で口が達者で、ちょっとハゲてるし。

 

石田純一モテてるわ。

 

お前、モテへんやん。」

 

見た目がこれだからや!!!

 

「違う違う。

 

お前は、見た目もやねん。

 

責任感がないからあかんねん。

 

自分がよければそれでいいって考えてるから。」

 

それ、お前の教えやんけ。

 

自分が幸せやなかったら人なんか幸せにできるかって。

 

「そうや。

 

私がそうやって言い続けたら。

 

こうなったんや。

 

こうなるってわかってたら。

 

そんなこと言わへんかった。」

 

なんて教えるん?

 

「お母さん最高!!

 

お母さんは神様よりエライ!!」

 

今と変わらんやつができあがってるし。

 

お母さん最高ってマザコンになって、もっとモテへんで。

 

「そうかもしらんな。

 

明日は誰にもわからんねん。

 

過去は後からなんぼでも美化できるから。

 

だから、子育てはみんな正解やねん。

 

気がついたら大きくなってるから。」としみじみ言うみやこ。

 

お~~~、なんか。

 

もうちょっとでありがとうって言うところでした。

みやこに関わるとこんな目にあう「お前は人間として三流、私一流」

好きなテレビ番組はクレイジージャーニー、どうもジムチョーです。

 

自分では絶対にできないことをしている人の話はおもしろいです。

 

さて、先日ですね。

 

僕はちょっとしたことで寝不足になりやすいんです。

 

やることがあると寝れない。

 

寝れないとどうなるかと言いますと。

 

ただただ、機嫌が悪い。

 

僕が機嫌が悪いととにかくなんでもかんでも否定するようになります。

 

後手番で延々相手の意見を否定し続ける。

 

口が達者なので、嫌味たっぷりです。

 

こんな感じの状態の時に、みやこ(おかん)が鼻歌混じりで僕の目の前を通った。

 

↓アプリで加工したみやこ↓

f:id:ichiro-ishiguro:20180413085201j:plain

 

みやこはほんま気楽でええよな

 

と言った瞬間です。

 

「お前アホやな、楽しそうに見えるんわ一流の証拠や。」とみやこ。

 

どこが一流やねん。

 

なんもしてへんやんけ。

 

どの線で一流って言うてんねん。

 

「人間というものにおいてじゃ。

 

お前はすぐに仕事とかな、やってることで言うねん。

 

まずは、人間として生きていてその上でやってることが仕事やん。」

 

やってることで言うやろ。

 

お前、やってへんやん。

 

「お金は稼いでるよ。

 

あんたからもらうやんけ。」

 

ほら、自分で言うてもうた。

 

もらってるやん。

 

「楽しそうに生きてる。

 

他の人にそう思われることが大事やねん。」

 

そりゃ楽しいやろ。

 

気楽やん。

 

わしもお前になりたいわ。

 

「はい、それ。

 

メッシとかフェデラーとか長嶋茂雄とか。

 

楽しそうに見えるし。

 

そんな風になりたいって思うのよ。

 

それは、一流やからよ。」

 

みやこ、なんもしてへんやん。

 

その人たちは結果残した上で、楽しそうやん。

 

「そんな細かいとこにこだわる。

 

楽しそうに見えない。

 

はい、三流。

 

ど三流。

 

ザ・三流〜〜」

 

ちょっと待ってって。

 

寝不足なんやで。

 

楽しいわけないやん。

 

普段は楽しそうやって言われるし。

 

フェデラーも試合前は寝不足になると思うで。

 

プレッシャーで。

 

それでも楽しそうやもん。」

 

フェデラーだって負けた時楽しそうやないって。

 

「そうやろうな。

 

でも、フェデラーに勝った方は楽しそうやん。」

 

そら勝ってるもん。

 

楽しいしさ、やったーーーってなるやろ。

 

フェデラーに勝ったんなら一流やんか。

 

ほれ、一流は楽しそう。」とみやこ。

 

めちゃくちゃやって。

 

フェデラーから対戦相手になってるしよ。

 

「アホやな、フェデラーは相手を楽しそうにしてるから。

 

その上やって、ごっつ一流。

 

しんどいやろ。

 

私に攻撃を仕掛けるとこういうことになるんだ。

 

わかったか、ど三流!!!」と言いながら頭をパカンみやこ。

 

疲れました。本当に疲れました。

 

みやこ相手に悪口言うのやめましょうね。

 

こんな目にあう。

 

新しい折り紙ができたんですねって言ったら「シーーーー」って言われた。わしの口臭いんかい!!って思った出来事

気温が上がったり下がったりに対応できてる、どうもジムチョーです。

 

気温が下がると体調が良くなるのです。

 

なのでよう寝れる。

 

元気なので、みんなに話しかけては「めんどくさい」って顔をされています。

 

さて、みやこ内科クリニックといえば。

 

折り紙のプレゼント。

 

「この前これもらった〜」と楽しみにしているお子さんが多いのです。

 

僕が渡すと、お母さんが「もらっていいんですか?」

 

って聞かれるくらいのクオリティ。

 

クリニックに行くと、受付の中にひっそりとぶら下がっている。

 

アンパンマンばいきんまんドキンちゃん

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180410135344j:plain

 

「すげ〜〜、これ新作ですね!!」って言うと。

 

「シーーーー!!」って眉間にしわを寄せながら言われる。

 

僕の口はそんなに臭いのか?と不安になるくらいの顔。

 

「なぜ?すごいですやん。」と再度僕が言うと。

 

また「シーーーーーーー」って言われる。

 

口臭いんかい、言うて。

 

それやったら言うて、それがほんまの仲間やって。

 

「これ、作るの本当に大変で。

 

目とかすっごい大変だからあげられないの。」

 

電子カルテを作った先輩。

 

なるほど。

 

近づいて見てみると。

 

ごっつい小さい。

 

黒ごまくらいの大きさ。

 

どうやって切ったんやって思わず言ってしまったよ。

 

本当に小さい。

 

「ほな、これある分だけあげてしまったらいいじゃないですか。」と言うと。

 

本当にこいつは。

 

だからダメやねん、って空気が一気に広がる。

 

「これをあげてね、また欲しいって言われても。

 

あげられないでしょ。

 

ないって言うと、子どもが泣いちゃったりするの。

 

親はないものをねだられるとがつらいの。

 

わかる?」

 

すみません。

 

わかりませんでした。

 

うちのスタッフは、ただ作るだけじゃないんですよ。

 

子どもが泣かないように、笑顔にするために折っている。

 

なので、このアンパンマンセットは。

 

このブログで登場するのみです。

 

受付の奥にひっそりといてます。

 

ただ、誰にも知られずに終わるのはあまりにもったいないので。

 

通称「みやこ内科クリニックのジャーナリスト」

 

ジムチョーが報告しました。

 

以上です!!

みやこに聞いてみた「どんな教育をしたら僕のように話せるのか?」

最近、「朝からジムチョーだ」と言われる。どうもジムチョーです。

 

そうなんです。朝からいるんですよ。

 

3月末で折り紙の箱作ってくれたバリバリできる子が介護離職してね。

 

新しい人が入ったり、春休みなので主婦がいなくて人手がたりなかったりするので。

 

僕がおります。

 

さて、そんなのはいいのです。

 

たぶんですが、4月に入ってからこんな質問を受けます。

 

「どうやったらそんな風にしゃべれるの?」

 

ありがたいことに。

 

僕の話はおもしろいと言ってもらえるのでございます。

 

自分で考えたことはないので、この人に聞いてみました。

 

僕に毎日毎日漫談をさせた、みやこです。

 

↓9時を早起きと言う、みやこ↓

f:id:ichiro-ishiguro:20171031221849j:plain

 

どうやったら、僕のように話せるのか?

 

「おもしろいって思われたいんかな?」

 

そうなのかな〜。

 

たぶん、僕に聞くことってそれくらいしかないからやないかな?

 

「それが一番の理由だと思うわ。

 

お前と話すことないし。

 

話すことがないからとりあえず聞いたんやろ。

 

お前から学ぶことってないもん。」

 

うるせぇ、みやこもどっこいや!!

 

「ただ、その話を聞いてもらう方法ってのはあるんやで。」

 

あるの?

 

言うとくけど、みやこの話を僕が聞くのは。

 

仕方がないからやねんで。

 

「お前のように話すのは、無理やねん。

 

その見た目だから、それができるわけで。

 

特殊やわ。」

 

ま〜、それはそうだ。

 

ふざけてるもんね、この見た目。

 

「おもしろく話をしたいってのは違うと思う。

 

みんな、自分の話をどうしたら興味持って聞いてもらえるか。

 

ここが悩みやねん。」

 

そうなのかな?

 

話し上手は聞き上手って言うから、聞き手に回ったらええし。

 

「話を聞いてもらえる方がいいよ。

 

それは、おもしろくなる必要ないねん。

 

やるべきことは他にある。」

 

やるべきこと?

 

なに?

 

「それは、この人の話を聞きたいって実績をあげること。

 

学ぶことがあれば聞きたいって思うのよ。

 

最初に言ったやん。お前から学ぶものは何もないって。

 

お前から学ぶことはほんまにないねん。」

 

なんでちょいちょいわしの悪口入れんねん。

 

みやこもどっこいやって。

 

「えらい人がみんな漫談するって聞いたことないもん。

 

松下幸之助さんがよ、例えはうまかったのかもしらんが。

 

笑いを取ってた訳じゃなし。」

 

そりゃそうやろ。

 

逆にがっかりするわ。

 

「そうやろ。

 

だから、おもしろい話なんてする必要ないねん。

 

目の前のことを一生懸命やって。

 

話を聞きたいって言われるような貢献をする。

 

それが一番世の中にもええねん。」

 

ほな、わしはどうするん?

 

「お前はいいやん。

 

普通、その見た目だったら引きこもりになるよ。

 

その見た目なのに元気だから。

 

うらやましいな、その根性ってことは学べるね。」

 

もう無理や。

 

もうほんまに無理や。

 

さすがにしんどいので。

 

おもしろい話の努力をするより。

 

話を聞きたいって人間になる努力をした方が。

 

世のためにもなるそうです。

 

みやこと話をするのは、ほんまに無理や。

みやこの理不尽 「お前がそこにいるからだ!!」

みやこはすごいって言われることに、首をかしげる。どうもジムチョーです。

 

みやこはすごいわけではなくて。

 

わがままを飲み込んでいる周りがすごいだけ。

 

そのうちの一人が僕です。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180402212824j:plain

 

昨日の出来事です。

 

実家に僕が注文していた湯葉が届いてると聞いてもらいに行く。

 

みやこと一緒にご飯を食べていると思われていますが。

 

僕は自分の家で自炊です。

 

取りに行った時の出来事です。

 

みやこが台所で眉間にしわ寄せながら皿洗ってる。

 

なんちゅう顔してんねん。と伝えると。

 

「老眼がしんど~て、泡が全部取れたか確認しながらしてんねん。

 

食器洗浄機買ってや!!!」とみやこ。

 

食器洗浄機使うより手で洗うほうが早いって。

 

数枚だけやんけ。

 

と喧嘩が始まる。

 

めんどくさいので、新聞を読んでると。

 

バリーーン!!

 

響き渡る皿が割れたであろう音。

 

みやこをチラッと見ると。

 

目をグワッと開いて僕を見た。

 

僕が小学生だったら、ここで

 

「あんたがそんなところにいるから。

 

皿割れたでしょ!!。

 

ごめんなさいは~~~~~」って言いながらビンタするところです。

 

でも、今はそれができません。

 

でも昔の習性でしょうね。

 

一瞬僕を殴ろうと手を振り上げてる。

 

無理や。

 

さすがにこれで殴るのは無理やって。

 

やり返すで。

 

「そうやな。」

 

というより、昔めちゃくちゃやったな。

 

自分で皿割ったのに。

 

そばにいた子どものせいにしてビンタしててんから。

 

「そうやで。

 

サッと逃げなかったやつが悪い。

 

叩かれないように。

 

サッと逃げんと。」とみやこ。

 

いや、今でもええから。

 

謝れや。

 

理不尽などつき方してごめんって。

 

「謝るかい。

 

そんなもん、今でもどついたるよ。

 

皿割ってんねんからこっちは。

 

今でも殴ったるよ。

 

許してやってるだけで、殴ろうと思ったら。

 

殴れるよ。」とみやこ。

 

え??

 

え???

 

殴れるん?

 

「そうやで。

 

こっちが許してやってるだけ。

 

殴らないでくれて。

 

ありがとうございますだ!!」とみやこ。

 

言うか。

 

さすがに言うか!!

 

「知らんで。

 

お前が家にいない間に何するか。

 

知らんで。」とみやこ。

 

殴らないでくれて、ありがとうございます。

 

「わかったら、さっさと皿片付けんかい!!!」

 

なんでや。

 

なんで負けてんねん。

【朝活NGOに参加】ショックな出来事から立ち直る方法 OPTION B(オプションB)の感想

男のおしゃべりはみっともないで、どうもジムチョーです。

 

先日、朝活読書会に参加。

 

こちらの本が題材

 

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

 

 

旦那さんが突然亡くなって、それからどうやって立ち直っていくのか。

 

その過程を冷静に分析。

 

一番しんどいのは、誰もが気を使ってその件に触れないことだそうです。

 

それがわかるから、お互いに気を使ってしまうから。

 

思い切って話しかけてくれた方がいい、みたいな内容です。

 

詳しくは読んでね。

 

今回はファシリテータをさせてもらったので。

 

聞くぞって思ったのですが。

 

あかんわ、喋ってた。

 

もうこれは無意識でやってるから、ダメだね。

 

男のおしゃべりはみっともないけど、考えてないから止まらないね。

 

参加者のみなさまごめんなさい。

 

僕の歪んだ読み方

僕の歪んだ本の感想を書きますね。

 

この女性Facebookの創業メンバーで。

 

役員なんですよ。

 

だから、どんな状況でも仕事にしてしまう。

 

そのたくましさがすごい!!

 

だってね、旦那さんが亡くなった人って他にもいてる。

 

ちなみに僕も父親を亡くしています。

 

世の中を探せば、ショックから立ち直った人なんてたくさんいるけど。

 

それを本にまとめて。

 

仕事にしてしまう。

 

それも世界的なヒットにまでする。

 

こんな人はいないです。

 

このたくましさが素晴らしい。

 

それと、僕は医療のお仕事とFPというお金の相談に乗るお仕事をしています。

 

健康とお金って。

 

悩み事の大半なんです。

 

悩み事の大半は人間関係っていいますが。

 

人間関係もゆとりができます。

 

嫌なら逃げられるって思えるだけで人間関係は良好に保てると思う。

 

その苦痛な人間関係を続けないとあかんって状態だと厳しいよね。

 

この本にも書いてあるけど。

 

「私には仕事があったのがよかった。

 

急に経済的に困ることがなかったので恵まれている。」

 

僕はこれに尽きると思う。

 

立ち直るための時間を稼ぎができた。

 

それと外に出て行く理由にもなる。

 

 

仕事をしていて収入があると。

 

何かあった時に時間を稼げる。

 

立ち直るまでの時間が稼げる。

 

これだけで随分気楽に人生を考えられます。

 

他の方の感想など

 

ショックな出来事があった人への関わり方を学べた。

 

立ち直る方法はいくつかあって、選択肢が増えた。

 

などでした。

 

ショックから立ち直るってことは考えていたけどね。

 

他の人を関わりを学んだってすごいわ。

 

読書会に参加してる人ってそこまで考えるんだと毎度思う。

 

僕なんて、自分のことしか考えないもの。

 

自分が楽しいか楽しくないか。

 

たったそれだけしか考えてないから、考えることが少ないのよ。

みやこが嘆いた「見た目に寄せるしかない」

最近家にいろんな人が来る、どうもジムチョーです。

 

クリニックのお祝いや結婚の報告、引越しするなどなど。

 

うれしいことを毎日聞いています。

 

さてさて、そんな僕ですが。

 

誰からも「楽しそうだ」と言われます。

 

楽しいです。

 

それの秘訣はと言われると。

 

たぶん小学2年生のあの時に覚悟をしたからだと思います。

 

覚悟をさせた人は、もちろんこの人

 

みやこ(おかん)です。

 

↓斜を入れたみやこ↓

f:id:ichiro-ishiguro:20180326194703j:plain

 

お前、やばいぞ

僕が小学2年生の頃にいきなり言われたことです。

 

「ちょっと、全部脱いでこっちに来い。」とみやこ。

 

全部脱ぐ?

 

小さい頃から、服を脱ぐのは得意だったので。

 

スルリと脱いで、みやこの所へ向かう。

 

「ここに立って、気をつけ!!」とみやこ。

 

みやこの三面鏡の前に立たされる。

 

僕の頭に手を置いて

 

「見てみ!!

 

小さくて、貧相な体。

 

頭も良くない。」とみやこ。

 

悪口言うな!!

 

と反撃したら。

 

「アホか、お前は。

 

悪口じゃない、事実だ。

 

いいか、もうお前はしゃべるしか残ってないぞ。

 

しゃべって、しかも打たれ強くないとあかんぞ。

 

今みたいに、反撃するなよ。」

 

は?

 

何を言ってるの?

 

悪口やんけ!!!

 

「お前は見た目がおもしろいの。

 

落ち着きがないから勉強できない。

 

もうそうなると。

 

見た目に寄せにいくのが手っ取り早い。」

 

もう何を言いたいのかわからん。

 

「おもしろくなるしかないの。

 

おもしろい見た目だから。

 

その見た目でな、おもしろいこと言わないってダメでしょ。

 

見た目と性格が一緒なのは楽だから。

 

イメージどおりって楽やねん。

 

私ってな、お母さん仲間からは無責任って言われるの。

 

いいねん、無責任で。

 

みやこだから仕方がないって思ってくれる。

 

それはそれは楽よ。

 

お前は幸い、ごきげんな見た目やん。

 

おもしろい見た目やん。

 

声もよう通るし、声もでかい。

 

見た目と声がそろってる。これだけでもラッキーだ!!

 

寄せていけ!!」とみやこ。

 

毎日のように漫談をさせられ。

 

オチがないと怒られ。

 

その後、作文では行ってもいないディズニーランドに行ったという創作(ウソではない)をさせられたり。

 

それはそれは、先生にも怒られるし。めちゃくちゃ。

 

この時は意味がわかりませんでしたが。

 

今となっては、この見た目に性格を寄せに行く教育。

 

みやこなりに僕のために必死にしたんだと思います。

 

生きるための教えですな。おかげで僕はこの通りです。

 

今ではハゲてみたり。

 

今度は見た目が僕に寄せに来ています。