みやこ内科クリニック ジムチョーのブログ

春日井市で内科をやっているみやこ内科クリニックです。開業するまでのことや開業からのことをブログにしています。クリニックを開業したい方は参考にしてみてください。医療の可能性はまだまだあると思います。

みやこ内科クリニックとは

みやこ内科クリニックって何?

救急医 石黒裕一郎が院長を務めている春日井市如意申町にある内科のクリニックです。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829213811j:plain


春日井市如意申町にあるみやこ内科クリニック 

 

早朝6時30分診療開始、日曜祝日も診療しています。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829213943j:plain 

 

↓みやこ内科クリニックのホームページはこちらです↓

miyako-cl.jimdo.com

 

第2の特徴は、個室診療

受付をしたら待合室ではなく、個室で待ちます。

こちらが家族用の個室です。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829214439j:plain

他の方との接触を極力下げることで院内で病気をもらうリスクを下げています。

一組使ったら、掃除をして衛生面に配慮しています。

 

3つめの特徴 移動が少ない

受付をして、個室に移動したら診察・処方・会計まで全て個室で行います。

受付をしたら個室へ移動、終わったらそのまま帰る。

病気の体での移動は負担が大きい、その負担を極力減らしました。

f:id:ichiro-ishiguro:20180817171441j:plain

 

1、早朝6時30分診療開始、日曜祝日も診療

もともと、救急医をしていました。

その時に、どうしてもっと早く来ないのだろう?

こんなになるまで、どうして病院に来ないの?

そこで患者さんに言われたのが

「病院に行く時間が取れなかったんです。仕事を休むのは難しい。」

 

この一言で、まだまだ日本は休むという習慣がない。

休んだりしたら、評価が下がる。

日本人の責任の重さですよね。

 

これを「よくない!!」と言っていても。

でも、人に気を使う日本人のいいところでもあると思います。

だったら、休まなくても大丈夫なように。

働く人を支える、応援する医療機関を作ろう。

こうして出来たのがみやこ内科クリニックの一つ目のコンセプト

 

2、受付したら個室へ案内

その後岐阜県輪之内町の診療所へ院長として赴任。

そこで見たのが、待合室で子どもを抱っこして待つお母さん。

自分が風邪をひいてしまい、でも子どもを置いておくわけにも行かず。

病気でつらいのに、待合室で子どもを抱きかかえているわけです。

子どもは元気なので走ろうとする。

必死に抱きかかえるお母さん。

核家族化がすすみ、いざという時に子どもの面倒を誰かにみてもらえない。

じゃあ、子育て世代にも優しくしよう。

次の2つのコンセプトができました。

 

 

3、個室に入ったら診療・処方・会計まで個室で行う

 

子どもを連れての移動って本当に大変。

外まで薬を取りに行くのもつらそうに見えます。

なので、院内処方にして個室内で診療・お薬・お会計まで行うことにしました。

 

みやこ内科クリニックの3つの特徴は

1、早朝6時30分診療開始

2、受付したら待合室ではなく、個室へ

3、個室へ入ったら元気な院長が訪問する。診察・処方・会計まで個室内。

 

みやこ内科クリニックの場所です。

 

 

みやこ内科クリニックのホームページはこちら

miyako-cl.jimdo.com

おっちゃんになってわかった。おっちゃんの大事な役割

新九郎、奔る!を読んでます、どうもジムチョーです。

 

北条早雲の研究で新しい姿が見えてきて。

 

それを漫画にしているというのを見たのでさっそく買って読んでます。

 

最近、人前で話しをしたりすることがあるのですが。

 

人と比べた方がいいですよってことを言います。

 

それは人を見下げるためとかではなくて。

 

得意不得意ってやってみないとわからないからです。

 

みんなと比べてできたら。

 

それが得意なものです。

 

じゃあ、わかりやすくいきましょう。

 

僕が撮影したサンタさんブレスレットです。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181210202111j:plain

 

こんな感じ。

 

じゃあ、僕がうまいなって思ってる方の撮影です。

 

こちらです、どうぞ~~。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181210202238j:plain

 

こっちの方がいいでしょって僕は思います。

 

筒とか思いつかないもの。

 

比べてみたらわかるのですよ。

 

こっちの方がいいもの。

 

おっちゃんの役割本題

 

うまい人にうまいと言う。

 

人生長く生きてるので、たくさん見ています。

 

「今までたくさん見てきたけど。

 

ここまでのものはなかなかないですよ。

 

才能ありますね。」

 

って言っていいのです。

 

だって、見てるから。

 

そして、自分がやって見せて。

 

「ね、できないでしょ。すごいことですよ、それ。」って言えば。

 

あ、ほんとだってなる。

 

いい作品がボンボン出てくるようになる。

 

僕としても助かるのです。

 

「センスね~のに、写真アップしてるでおい。」って思われなくてすむ。

 

恥かかなくていいので助かりますよ。

 

マジで。

 

おっちゃんの役割。

 

うまいなって思う人にお願いしに行っていいようになる。

 

僕はそう思います。

 

客観的に見て、自分の方がうまいなって思ったらどうするの?

 

それは自分の才能なので。

 

黙ってやった方がいいですよ。

 

僕のように「すんげ~~だろ」って言うと。

 

ダサい、出た自画自賛!!

 

と嫌な顔されますので。

 

歳を重ねたら。

 

黙ってね~~~。

 

寡黙にね~~~。

 

スッとね~~~。

 

やった方がいいけど。

 

僕には無理だな~~、言ってまうわ。

 

まだまだ、かっこいいおっちゃんにはなれんの~~。

 

今日も元気やで、ジムチョーでした。

みやこに言われる「お前は全力で逃げてるだけ」

友だちと食事に行ったら、「石黒は本当に色々やるよね。」と言われました。

 

それをこの人に言いました。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181023214034j:plain

 

みやこ(おかん)です。

 

みんなにいろいろやるよねって言われたわ。

 

「お前はやってるように見えるけど。

 

全力で逃げてるだけだから。」とみやこ。

 

逃げてないわ。

 

クリニックのウェブサイト英語で作ってるし。

 

プログラミングもやってるよ。

 

「今すごい楽しいけど。

 

これ楽しくなくなったらいやだな~~。

 

これやっておいたら、大丈夫だろ~。

 

これもやっとかないと楽しめなくなっちゃうかもしれない。

 

うぎや~~~、これもやっとかないと楽しくなくなっちゃうかも。

 

うわ~~、やることいっぱいになっちゃった~~~。

 

大変だ~~~~~。」と頭を抱えるみやこ。

 

バカじゃん、そいつ。

 

「だから、お前はそんなやつだよ。

 

今楽しいからこのまま続いてくれ~~~。

 

楽しくないのはいやだ~~~。

 

ぎえぇぇぇぇ。

 

あれ、でもやってたらなんかできるようになったぞ。

 

俺すげ~~。すげ~~な~~、俺って!!」っておそらく僕の真似をしているみやこ。

 

誰か知らんが、頭悪そうだなそいつ。

 

1人でプロレスしてるみたい。

 

「全力で逃げてんねん、お前、昔っから。

 

お前すごかってんぞ、勉強から逃げるの。

 

どうやったら勉強しなくていいかいろいろやりよるのよね。

 

あの手この手を使って勉強から逃げてたもん。

 

そんなにがんばれるなら、勉強した方が楽やろにって思ってた。」とみやこ。

 

う~~ん、勉強からは逃げてたな。確かに。

 

宿題とかもやらなかったし。

 

殴られてもやらなかった。

 

この一瞬の痛みに耐えればいいのだって思ってたしね。

 

「全力で走って逃げててもさ。

 

他からは、全力で走ってるように見えるじゃない。

 

だから、動機は何であれ。

 

全力で走って逃げてるからいいんじゃない。

 

誰か何とかしてくれ~~ってよりはマシだから。

 

お前はこれからも逃げ続けろ。臆病者!!」とポコンと頭をはたくみやこ。

 

う~~~ん、逃げたいのはあんたからだよって言いたかったけど。

 

何もしてないのにそれだけ言える人から見たら。

 

ま~、僕は臆病者だな。

「日日是好日」の会に行ったってさ。

たまに朝会に行く。

 

おい、クリニックわいって思うでしょ。

 

外に出るってことがみんなを信用してるって証拠でもあるかなって思ってます。

 

さて、今回は日日是好日です。

 

映画でもやってるそうです。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181203202322j:plain

 

僕の感想を一言で書くと。

 

「最初は言われて始めたけど。

 

振り返ってみたらちょっと息を抜ける時間がお茶でした」って感じです。

 

息抜きができるって大事だと思います。

 

僕はの息抜きは寝ることです。

 

昼寝ですね。

 

毎日してます。

 

毎日ってことは。

 

息抜きじゃないな。

 

ははは。

みやこの理不尽「お前が買ったやつやん!!」

「お〜〜〜い、ドンドンドン」と玄関を叩く。

 

このやり方は、この人です。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181023214034j:plain

 

みやこ(おかん)です。

 

冬になると、暗くなるのが早いでしょ。

 

電気がついてるかどうかすぐわかってしまう。

 

中にいるのがバレるので、トラブル(みやこに絡まれる)が増えるのですよ。

 

出るまで続くので、出る。

 

なに?

 

「なんや、その嫌そうな顔は!!

 

パソコンが壊れた。ちょっと見て。」とノートパソコンを持ってる。

 

スタートボタンを押す。

 

反応ない。

 

壊れてるね。

 

これといったデータ入ってないから買い直したら?

 

「これといったデータが入ってないってなんで言えんねん。

 

壊れてるよって言ってるの!!」とみやこ。

 

データ入れるようなことしてへんやんけ。

 

買い直した方がいいって。

 

「これ買ったの誰?」とみやこ。

 

それ買ったのは、昔の僕やね。

 

今回は買わないよ。

 

自分のお金で買いなよ。

 

「お前よ。

 

昔のお前が風邪ひいたときに、病院連れてったの誰だ?

 

私だよな。それは産んだから。

 

産んでやったのに、私が病気じゃないのにお前を病院に連れてったわけだ。

 

私は病気じゃないのにだぞ。

 

じゃあ、あの時私がほっといたら。

 

お前はここでこうしていられない。

 

はい、答えです。」と訳のわからんことを言うみやこ。

 

 

しょうがないか~~~。

 

そうなのか~~。

 

わしじゃなくて、兄貴に言えや。

 

あれも病院連れてってるやん。

 

「あかんあかん。

 

怒られるよ、こんなこと言うたら。」とみやこ。

 

うん。

 

わかってるんや、理不尽だって。

 

じゃあ、いいや。

 

ばあちゃんに言って、代金出してもらおう。

診療後の会話 「どうしたの?って聞かんかい」って話

コーヒーはインスタントをシャビシャビにするよ、どうもジムチョーです。

 

診療終わりに、鼻歌まじりに歩いているのに。

 

院長がジャパンカップの日本レコードについて語ってる。 

 

何をいつまでもそんな話してんの!!

 

鼻歌まじりでどうしたの?って聞かんかい!!

 

「は?どうしたどうした。」と院長。

 

そのどうしたは、様子がおかしくなったどうしただろうが。

 

何かいいことあったのって感じの、どうしたを要求してんの。

 

「わかんね~わ。どうしたの?」と疲れるな~って顔の院長。

 

わしが書いた英語のブログ。

 

グーグルで見たらな、自動翻訳で日本語にされたんだぞ!!

 

すげ~~だろ。

 

「英語で書いたのが自動翻訳で日本語って普通じゃん。」と院長。

 

あ~~、ダメだ。わかってない。

 

全然ダメ、点数つけるとかの前やわ。

 

みやこ(おかん)に言うから、そのリアクションを勉強し!!

 

で、同じ事をみやこに言う。

 

「おぉ~~、すげ~やん。

 

英語って認められてるやん!!」とみやこ。

 

こういうことだから。はいこれ、100点!!

 

わかる?英文ってグーグル先生が認めたってことやねん。

 

英語になってなかったら、自動翻訳されないの。

 

英語ってグーグルが認めたんだ。

 

「熱弁されてもわからんけど。

 

グーグル翻訳をベースにしてるんだから。

 

グーグルは日本語に訳すだろ。

 

僕じゃなくみやこさんと楽しんでやってくれ。」と院長。

 

ノリ悪いわ~~~!!!とみやこと二人で叫ぶ。

 

こういう時はみやこと意見が合う。

院長からの質問「君らは悪口をチェイサーにしないと話ができないの?」

さむなってきましたね、どうもジムチョーです。

 

一人暮らしなので、家事は自分でしています。

 

枕やシーツを洗って庭に干す。

 

夜に帰ってきて取り込もうとしたら

 

こいつがするすると出てきました

 

そう、みやこ(母親)です。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181023214034j:plain

 

「お前は、なんや雑巾の親分か?」と訳のわからんことを言うみやこ。

 

なんやねん、雑巾の親分って。

 

「この枕らしきものや。シーツらしきものは、お前のものじゃないの?」とみやこ。

 

らしきものってなによ。

 

枕とシーツや。

 

「ごっつくさいねん!!

 

洗ったとは思われへんで。」とみやこ。

 

しゃ~ないやんけ。

 

40歳やねんから。

 

止めようがないねんから。

 

ほなあれか。

 

色気づいたおっさんみたいに香水ぶちまけるんかい!!

 

「お~~い、君たちの声そこの角まで聞こえるよ~~」って兄でもある院長登場。

 

こいつがケンカふっかけてきたんやもん。

 

「う~~ん、聞こえてたけどさ。

 

まず、雑巾の親分って言うのも驚いたけど。

 

みやこさんに言うだけならいいのさ。

 

香水ぶちまけてる色気づいたおっさんってのはいらないよね。

 

悪口を挟まないと会話できないの?」と兄。

  

どこを切り取ったらこれを会話と認識できるんよ。

 

ケンカだ!!

 

「そうだ、ケンカだ。

 

お前らがおっさんになると。

 

私はおっさんの親ということになる。

 

この複雑な気持ち!!

 

お前らにわかるか!!」とまたみやこ。

 

あ、兄を巻き込んだ。

 

黙って去る兄。

 

石原軍団に憧れてるの?背中で語るの?って聞くと。

 

「君たちと関わりたくないの。

 

なんと言えばいいのかな。疲れる。」とポツリという院長。

 

あ~あ、僕悪くない。

 

これはみやこが悪い。

 

「急に盛り下がったな。

 

解散。また今度、一対一でやろう。」とみやこ

 

やるかボケ。

 

わし暇ちゃう。

 

言わないけどね、解散。

男前だって言われたってことを石黒家で言ってみた

今日ですね。

 

10歳下の男と話をしていて。

 

「いや~~、石黒さん。見る角度によっては男前っすよ。」と言われた。

 

そのちょっと前にも言われたので。

 

うん?

 

なんだ?

 

鏡で見ているのと、みんなから見える僕は違うのか?

 

これを、みやこ(おかん)と院長でもある兄に報告する。

 

「男前?誰が?」二人一緒に言いよる。

 

言いたいことはわかるよ。

 

僕の記憶が正しければ、僕と目が合っていた。

 

「う~~~ん。

 

ちょっと、回ってみて?」とみやこ。

 

クルクル回る。

 

「う~~~~ん。

 

ごめん、見つからん。

 

な~、見つからんよな。」とみやこ。頷く兄。

 

僕もね、背中かなって思ったのよ。

 

違うね。

 

「う~~~ん、難しい。

 

ジャンプ!!!」とみやこ。

 

ジャンプする。

 

「もっと、ジャンプ。

 

着地したら、体ゆすって。」とみやこ。

 

ジャンプして、体をゆする。

 

「もっと、ゆすって!!!。」とみやこ。

 

ゆするどころか、じたばたする僕。

 

「う~~~ん、落ちてもこないね~~。

 

ということは、その欠片もないってことだね。」とみやこ。頷く兄。

 

ちょっと待てや。

 

お前らだってそうやって。

 

「そうだよ。それなのに、そんなこと言うから。

 

ビックリして、やれるだけのことをやらせておこうって。」とみやこ、そして頷く兄。

 

で、どうやってん。

 

「まったくない。

 

隅から隅まで、ブサイク!!

 

大丈夫だ。安心してこれからもお調子者でいけ!!」と親指を立てながら言うみやこ。そして頷く兄。

 

今までと同じでいきます。