みやこ内科クリニック ジムチョーのブログ

春日井市で内科をやっているみやこ内科クリニックです。開業するまでのことや開業からのことをブログにしています。クリニックを開業したい方は参考にしてみてください。医療の可能性はまだまだあると思います。

みやこ内科クリニックとは

みやこ内科クリニックって何?

救急医 石黒裕一郎が院長を務めている春日井市如意申町にある内科のクリニックです。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829213811j:plain


春日井市如意申町にあるみやこ内科クリニック 

 

早朝6時30分診療開始、日曜祝日も診療しています。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829213943j:plain 

 

↓みやこ内科クリニックのホームページはこちらです↓

miyako-cl.jimdo.com

 

第2の特徴は、個室診療

受付をしたら待合室ではなく、個室で待ちます。

こちらが家族用の個室です。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829214439j:plain

他の方との接触を極力下げることで院内で病気をもらうリスクを下げています。

一組使ったら、掃除をして衛生面に配慮しています。

 

3つめの特徴 移動が少ない

受付をして、個室に移動したら診察・処方・会計まで全て個室で行います。

受付をしたら個室へ移動、終わったらそのまま帰る。

病気の体での移動は負担が大きい、その負担を極力減らしました。

f:id:ichiro-ishiguro:20180817171441j:plain

 

1、早朝6時30分診療開始、日曜祝日も診療

もともと、救急医をしていました。

その時に、どうしてもっと早く来ないのだろう?

こんなになるまで、どうして病院に来ないの?

そこで患者さんに言われたのが

「病院に行く時間が取れなかったんです。仕事を休むのは難しい。」

 

この一言で、まだまだ日本は休むという習慣がない。

休んだりしたら、評価が下がる。

日本人の責任の重さですよね。

 

これを「よくない!!」と言っていても。

でも、人に気を使う日本人のいいところでもあると思います。

だったら、休まなくても大丈夫なように。

働く人を支える、応援する医療機関を作ろう。

こうして出来たのがみやこ内科クリニックの一つ目のコンセプト

 

2、受付したら個室へ案内

その後岐阜県輪之内町の診療所へ院長として赴任。

そこで見たのが、待合室で子どもを抱っこして待つお母さん。

自分が風邪をひいてしまい、でも子どもを置いておくわけにも行かず。

病気でつらいのに、待合室で子どもを抱きかかえているわけです。

子どもは元気なので走ろうとする。

必死に抱きかかえるお母さん。

核家族化がすすみ、いざという時に子どもの面倒を誰かにみてもらえない。

じゃあ、子育て世代にも優しくしよう。

次の2つのコンセプトができました。

 

 

3、個室に入ったら診療・処方・会計まで個室で行う

 

子どもを連れての移動って本当に大変。

外まで薬を取りに行くのもつらそうに見えます。

なので、院内処方にして個室内で診療・お薬・お会計まで行うことにしました。

 

みやこ内科クリニックの3つの特徴は

1、早朝6時30分診療開始

2、受付したら待合室ではなく、個室へ

3、個室へ入ったら元気な院長が訪問する。診察・処方・会計まで個室内。

 

みやこ内科クリニックの場所です。

 

 

みやこ内科クリニックのホームページはこちら

miyako-cl.jimdo.com

みやこの妹から言われる「あんた、小さい頃からずっと言ってるよ。」

仕事が終わって実家に戻ると、拍手が聞こえる。

 

なんやと覗きに行くと、みやこの妹とその長女が子どもを連れてきていました。

 

1歳って言ってましてね。

 

その子どもが、段差を登った。

 

すると「すご〜〜い」って拍手。

 

後ろ向きで歩くと

 

「すご〜〜い」って拍手。

 

しばらくそれの繰り返し。

 

何回も後ろ向きで歩く。

 

その度に「すご〜〜い」って拍手。

 

どこが?

 

わしできるよ。

 

「あんた、それ昔っから言ってるよね。

 

うちの長男にさ、ご飯食べて、えらいねって言ったら。

 

今だけぞ。

 

飯食うて褒められるのは今だけぞ。

 

って小学生の頃から言ってたよね。」とみやこの妹

 

ご飯食べても褒められないって知ってるからね。

 

僕、褒められないもの。

 

早く食べなさいって怒られるくらいで。

 

「あんた、ほんと。

 

小さい頃からずっとひねくれた文句を言ってるよね。」とみやこの妹。

 

本当のことだもの。

 

「それも言ってた。小さい頃からずっと同じ事言ってる。」とみやこの妹。

 

可愛げのないガキだったと言われてる気がする。

 

あかんあかん。

 

こっちは記憶がない頃の話だから。

 

終わらん終わらん。

 

この人、身内よりも石黒家に当たり厳しいのよね。

無料塾 東海つばめ学習会に行ってきました

勉強をほぼしてきていない、どうもジムチョーです。

 

10月7日に、勝川駅のパレッタ2階で行われている無料塾の見学に行ってきましたよ。

 

これね。

 

東海つばめ学習会(春日井市無料塾)

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181009074453p:plain

 

経済格差で塾に行けないという子どもをなくそうというコンセプトの塾です。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181009075132j:plain

 

くらしのニュースにも取り上げられていました。

 

講師はボランティアで、20代ばかりかな。

 

代表の柿本さんは高身長のイケメンですよ。

 

他の講師もイケメンです。

 

へんてこな人いないことは確認済み。

 

やり方は

 

生徒さんが持ってきた課題をやってわからないことを質問する。

 

質問されたり、わからなくて止まっていたら講師が教える。

 

そんな流れです。

 

塾って先生が前に立ってやるのかなって思っていたけど。

 

どちらかというと、個人塾のような感じかな。

 

ほぼ、ワンツーマンですからね。

 

自分のペースでいいからやってみよって流れです。

 

中学生の受験生がほとんどかな。

 

集中力もあって素晴らしいし。

 

こんなのもあるんだな、しかも若い子が中心になっているのも見事です。

 

ボランティアをやりたいっていう方が先生なのでいい人ばかりです。

 

見学だけでも大丈夫なので興味があれば東海つばめ学習塾にメールをしてみてください。

 

柿本さんから丁寧すぎるメールが届きます。

 

 

tokai-tsubame.amebaownd.com

 

僕が行っていた塾は、空手の有段者の先生でして。

 

勉強しにというより、背筋を伸ばしに行っていました。

 

来月、柿本さんと飯に行くのだ。

 

またその様子を記事にしまっせ。

みやこに言われる「あんたってさ、嫌われても平気なタイプじゃん。」う〜〜ん、ちょっと整理しようか。

好きなお笑い芸人は、千原兄弟。どうもジムチョーです。

 

一昨日かな。

 

「あんたって嫌われても平気なタイプじゃん。」とポップな感じでま~ま~なことを言われました。

 

それを言ったのは、この人です。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180912151242j:plain

 

そうみやこです。

 

びっくりして黙ってみやこをジッと見る僕。

 

そして、ちょっと待って整理しようか。

 

この一言にたくさんつまってるな。

 

「あんた、嫌われ者って理解してないの?」と驚くみやこ。

 

好かれてはいない。

 

嫌われるだろうなって思うのよ。

 

なんて言ったらええんかな。

 

大人になるとさ。

 

嫌いとか言わずに去って行くじゃない。

 

嫌われ者って面と向かって言われたことに驚いてはいる。

 

そして、嫌われるのは平気じゃない。

 

「平気じゃないの?

 

おもろいこと言うな~って思うけど。

 

こいつ、苦労知らずのくせに口達者で嫌なやつだなって思ってるよ。私はね」とみやこ。

 

整理しよう。

 

私はって言ってない?

 

ただ単純に「私はお前のことが嫌い」って言ってるように聞こえるよ。

 

「嫌われ者のくせに。

 

毎日楽しそうですごいなって思うよ。」とウキウキしながら言うみやこ。

 

で、これだけ言われてお会計するの?僕が?

 

「お会計してもらうから教えてあげてるんよ。

 

僕モテませんが。

 

楽しむコツは抑えてまんねんって顔する時!!

 

すごい嫌い!!」とみやこ。

 

まんねんって顔してって言われてもできんわ。

 

みんなが言ってるみたいな感じで言ってるけど。

 

単純に嫌いなところ言ってるだけやんけ!!

 

「はい、ブログの一本分のネタはできたやろ。

 

お会計して帰るぞ!!」と伝票を渡すみやこ。

 

ブログのネタには気を使ってるらしい。

 

普通でええんよ、別に。

 

僕を傷つけなくてええんよ。

 

みんなに折り紙について質問してみた

実はピンクのシャツをよく着ているよ、どうもジムチョーです。

 

僕の私服、誰が興味あんねん!!

 

今日は朝からよろず支援拠点で相談と現状の報告をしていました。

 

その中で、折り紙がすごいという話になりまして。

 

何気なくみんなに聞いてみました。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181003171138j:plain

 

どうやって作ってるんですか?

 

「折るのが得意な人は折って。

 

イラストが描ける人はイラスト描いてますよ。」

 

これ折るって誰が考えるんですか?

 

「折れそうなのを探して、折ってます。」

 

どれくらい渡してるのかデータ取ってみる?

 

「う~~ん、子どもの数の1.5倍してください。」

 

そんな渡してるの?

 

「迷ってる子には2個渡したりするので。

 

いらないって言われたことほぼないですよ~。」

 

何回も来てるお子さんもいるじゃないですか~。

 

「中に入ってる星の色が違うとか。

 

このおばけの顔が違うからほしいって言われますよ。

 

コレクションしてるって言われました。」

 

ええ~~~。

 

知らんかった。

 

どれが人気あるの?

 

「どれってのはないです。

 

年齢によって違いますよ。」

 

「お母さんが喜ぶのもあるしね。」

 

「箱に入れるより、ぶら下げてるときの方が喜ばれたよね。」

 

アンパンマンのクオリティは高くなってるよね。」

 

などなどなどなど。

 

満足度までチェックしてるって思わなかった。

 

折り紙なら衛生面でもいいかな~~って軽い感じでスタート。

 

まさか折って渡すとは思わなかったんですよ。

 

誰がきっかけなのかはわかりません。

 

で、今では職人集団と言われたり。

 

折り紙の資格持ってるんですか?とか

 

折り紙が折れる人が採用基準なんですか?

 

って聞かれることもあるそうで。

 

そんなみんなが工夫して作ってる折り紙。

 

クリスマスの準備に入ってます。

 

僕、もう見たんですよ。まだ見せられん。

 

折り紙が人気だってわかることが、僕はリアルに数字で見てる。

 

ブログとホームページのアクセス数。

 

もものたねと折り紙が上位に来て。

 

かゆみが続く…

 

で、わしの日記わい。

 

わしの日常を切り取った日記わい。

 

 

 

…全然、読まれてない。

 

誰も興味ないって証明ですよ。

 

ものごっつおもしろいんだけどね!!

 

悔しいからいつか抜こうと思います。

 

みんなの活躍を横取りしたくないんですよね~って言ったら、ミセヂカラさんがアドバイスをくれました。

どうも、ジムチョーです。

 

みやこ内科クリニックのフォトブックができました。

 

これです。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181001075502j:plain

 

これを作ろうって思ったのはね。

 

僕が出かけて人に会って話をすると。

 

「石黒くん、すごいね。」と言っていただけることがあります。

 

すごくうれしいんです。

 

ただ、ちょっと心苦しい。

 

やってるのは、院長とみんなで。

 

僕は本当に何もやってない。

 

横取りしてるような気がしてしまう。

 

「みんなすごいね!!」って言ってもらえたらね。

 

心苦しくなく、でしょって言えるんですよね~~。

 

っていうことを、ミセヂカラの佐藤さんに相談。

 

「じゃあ、フォトブックを作ってそれをみんなに見てもらえば。

 

みんなすごいねってわかってもらえるかも。

 

1000円もしないはずだよ。」とアドバイスをいただきまして。

 

さっすが!!

 

僕がお金に細かいこともご存知で。

 

という理由でさっそく作成。

 

試作ができたので、みんなに見せる。

 

「折り紙」と「もものたね」別々が見やすくないですか?

 

確かに。

 

一冊にしないといけないわけじゃないし。

 

僕が持ってるものでは少ないのと。

 

センスないんですよね。

 

僕の中学の時の先輩が写真うまいんですよ。

 

折り紙の写真をもらいました。

 

そしたら出てくる出てくる、「こんなのあったの?」ってやつが。

 

一番びっくりしたのがこれね。

 

気が付かなかった。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181001082047j:plain

 

フォトブック作ってよかった。

 

埋もれてしまうところでしたよ。

 

いい人ぶって~~って思うかもしれないですが。

 

院長とみんなが一生懸命やってくれてるのを知ってるとね。

 

僕のようなお調子者でも、さすがに横取りようせぇへんよ。

 

miyako-cl.jimdo.com

看板がなくなっていたの、気が付きました?

プログラミングの勉強をしているよ、どうもジムチョーです。

 

これからプログラミングが教育に入れられますからね。

 

自分もやっておかないと。

 

さて、みなさんお気づきでしょうか?

 

クリニックの看板がなくなっていることに。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180925174141j:plain



以前はこれがあったのですが、台風でボキリといきまして。

 

これはこれで思い入れが強いです。

 

ただ、風で飛んだら危ねぇ。

 

みやこ内科クリニックを設計してくれた

 

オグリ建築デザインに相談したんです。

 

とにかく、危険じゃない看板お願いしますって。

 

場所がわかるのと、危なくないものにしようと考えて2日後にデザインを送信。

 

できあがるまで10日間。

 

その間に連休があり、初めましての方が来られることもわかっているわけですよ。

 

場所わかるかな~~。

 

やべえ~~~~~~~って内心焦っていたのですが。

 

ふふふ、クリニックへの問い合わせなどもなく。

 

看板がない期間、いつもより多く来ていただきまして。

 

しっかりとホームページとこのブログが機能していることがわかるいい機会になりました。

 

ほほほほほほほ。

 

自画自賛しちゃうね。

 

看板がない2週間。

 

「看板なくなったね」って言われなかった。

 

うれしいことですよ。

 

知ってもらえてるってことですから。

 

で、本日新しいのができました。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180925174745j:plain

 

わかりやすく、そしてあぶなくないタイプ。

 

一人にだけ、「看板折れちゃってさ~~」って焼き鳥食べながらぼやいたのでその方は知っていると思います。

 

本当はみんなでワイワイ作ろうかなって思ったのですが。

 

僕と建築士のオグリさんで即断即決しました。

 

3年後、新しいのにする時にはみんなで作ろう。

 

たぶん、みんなが考えたらすんげ~のができると思う。

 

折り紙でなんかしたりとかするんかの~。

 

ほんじゃね。

 

みやこが算数ができない子どもに算数の宿題をやらせた、みやこにしかできない方法

いよ、窓拭きと言われる。どうもジムチョーです。

 

窓拭いてるばっかり投稿してたらそうなったね。

 

さっき、みやこが何やら電話でお礼を言われているのを見まして

 

この人が何をお礼を言われることがあるのか聞いてみました。

 

↓激熱なのに笑顔を作るみやこ↓

f:id:ichiro-ishiguro:20180912151651j:plain

 

みやこが何をお礼されたのか?

 

「あ~、この前友だち数人とご飯行ったのよ。

 

私の友だちが孫娘連れて来てて。

 

孫娘がな宿題をやってたの、算数の。

 

それでできないって止まってたから。

 

私が答えを見て、答えは35ですって教えてん。」と説明をするみやこ。

 

あははは。

 

答えを教えたんや。

 

やり方教えられないじゃない

 

「そうよ。

 

だから、孫にな。

 

がんばって、答えが35になるようにつじつまを合わせろって言ったの。

 

そしたら、宿題やり始めたの。」とみやこ。

 

あははは。

 

いいけどな~~。

 

おもろいけど、周りの大人は許さんだろうな~~。

 

「そうそう、驚かれて。

 

問題が解けなかったら意味ないって言われてさ。

 

こっちは教えられないのよ、わからないから。

 

35にしようっていろいろやり始めたからいいじゃんって言ったの。」とみやこ。

 

わからんのに考えろって言われてもな~。

 

どうしたらいいかわからんもんね。

 

「そうそう、つらいやんか。

 

ほんなら、何回も消しては書きして35にしよってん。

 

で、次の答えは?って聞くから。

 

次は2ですって言ったら、少な~~~って言いながら2にしたよ。」とみやこ。

 

2にした後はどうしたの?

 

「どうやって35にしたのか、どうやって2にしたのか聞いてん。

 

ちゃんと説明してくれてさ、つじつまが合ってたの。

 

OKって言って、ハイタッチした。

 

正解とは言ってないから。」とウソは言ってないという顔をするみやこ。

 

それで何でお礼を言われるの?

 

「宿題楽しかったって孫娘が娘に言ってたんだって。

 

それでお礼言っておいて言われたんだって。」とみやこ。

 

やれないのをさ、見てるのも苦痛だもんね。

 

まーー、親だとなかなかできんもんな。

 

「ほんとそうよ、言っといたよ。

 

他人で無責任だからやっていいのって。

 

全部不正解だったって言ってたし。」と笑いながら言うみやこ。

 

でも、ま~そうですな。

 

宿題をやらせたのは事実だし。

 

ま~~、いいんじゃないかな~~。