みやこ内科クリニック ジムチョーのブログ

春日井市で内科をやっているみやこ内科クリニックです。開業するまでのことや開業からのことをブログにしています。クリニックを開業したい方は参考にしてみてください。医療の可能性はまだまだあると思います。

みやこ内科クリニックとは

みやこ内科クリニックって何?

救急医 石黒裕一郎が院長を務めている春日井市如意申町にある内科のクリニックです。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829213811j:plain


春日井市如意申町にあるみやこ内科クリニック 

 

早朝6時30分診療開始、日曜祝日も診療しています。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829213943j:plain 

 

↓みやこ内科クリニックのホームページはこちらです↓

miyako-cl.jimdo.com

 

第2の特徴は、個室診療

受付をしたら待合室ではなく、個室で待ちます。

こちらが家族用の個室です。

f:id:ichiro-ishiguro:20180829214439j:plain

他の方との接触を極力下げることで院内で病気をもらうリスクを下げています。

一組使ったら、掃除をして衛生面に配慮しています。

 

3つめの特徴 移動が少ない

受付をして、個室に移動したら診察・処方・会計まで全て個室で行います。

受付をしたら個室へ移動、終わったらそのまま帰る。

病気の体での移動は負担が大きい、その負担を極力減らしました。

f:id:ichiro-ishiguro:20180817171441j:plain

 

1、早朝6時30分診療開始、日曜祝日も診療

もともと、救急医をしていました。

その時に、どうしてもっと早く来ないのだろう?

こんなになるまで、どうして病院に来ないの?

そこで患者さんに言われたのが

「病院に行く時間が取れなかったんです。仕事を休むのは難しい。」

 

この一言で、まだまだ日本は休むという習慣がない。

休んだりしたら、評価が下がる。

日本人の責任の重さですよね。

 

これを「よくない!!」と言っていても。

でも、人に気を使う日本人のいいところでもあると思います。

だったら、休まなくても大丈夫なように。

働く人を支える、応援する医療機関を作ろう。

こうして出来たのがみやこ内科クリニックの一つ目のコンセプト

 

2、受付したら個室へ案内

その後岐阜県輪之内町の診療所へ院長として赴任。

そこで見たのが、待合室で子どもを抱っこして待つお母さん。

自分が風邪をひいてしまい、でも子どもを置いておくわけにも行かず。

病気でつらいのに、待合室で子どもを抱きかかえているわけです。

子どもは元気なので走ろうとする。

必死に抱きかかえるお母さん。

核家族化がすすみ、いざという時に子どもの面倒を誰かにみてもらえない。

じゃあ、子育て世代にも優しくしよう。

次の2つのコンセプトができました。

 

 

3、個室に入ったら診療・処方・会計まで個室で行う

 

子どもを連れての移動って本当に大変。

外まで薬を取りに行くのもつらそうに見えます。

なので、院内処方にして個室内で診療・お薬・お会計まで行うことにしました。

 

みやこ内科クリニックの3つの特徴は

1、早朝6時30分診療開始

2、受付したら待合室ではなく、個室へ

3、個室へ入ったら元気な院長が訪問する。診察・処方・会計まで個室内。

 

みやこ内科クリニックの場所です。

 

 

みやこ内科クリニックのホームページはこちら

miyako-cl.jimdo.com

診療後のインチョーとジムチョー 「足の裏のタコができる理由」

僕の右足の裏にタコがあって。

 

これって、フットケア塗ってもええの?って聞いたんです。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180827182126j:plain

 

フットケアっていうのは、かかとがガサガサをケアするためにインチョーが作ったものでして。

 

足の裏のタコにも効果があるのです。

 

「あ〜、フットケアでええよ。

 

お前、右足悪いんだ。

 

俺、左にタコできてるんよ。

 

足折ったから。

 

だいたい怪我した方の足にタコができやすい。

 

体のバランスが変わるんだろな。」とインチョー。

 

そうなん?

 

僕さ、大学時代空手やっててさ。今はやってないけど。

 

怪我したんよ。

 

右の回し蹴りしたんよ、ブワッて。

 

ほんならな、相手が僕の右足を左手でバチって掴みよって。

 

僕、蹴ってんのよ。

 

それを片手でバチって取って。

 

その足をグイって上にあげよって。

 

ほんなら、股関節がゴキゴキって。

 

筋肉がグリグリってなってん。

 

怪我した。

 

「は?

 

蹴りを仕掛けて。

 

蹴りを片手で掴まれたの?」とインチョー。

 

そうやで。

 

ドラゴンボールとかでさ、すげー強いキャラクターが出ると。

 

だいたい、片手で掴むやん。

 

あれ。

 

「あれを、やられたのね。

 

やられたのを堂々と話すんだ。

 

てっきりな、蹴った時に軸足がどうって話だと思ったのよ。

 

じゃなくて、蹴りを片手で掴まれた弱いやつ側の話?」とインチョー

 

そう言うてるやん。

 

足をつかまれたって。

 

ものすごい痛かったよ。

 

「足がどうって話入ってこないわ。

 

蹴りを片手で掴まれるくらい才能ないのに。

 

なんで空手やってたん?

 

足のタコがどうってより、お前の頭が心配だ。」とインチョー。

 

わからんやつだな。

 

空手の練習でな、痛そうだからやりたくないですわとか。

 

お腹蹴ったらダメでしょとか。

 

バットは折るもんじゃない、バット職人が泣いてるぞとか。

 

こういうことを言うとみんなが笑うんだ。

 

すげ〜楽しかったの。

 

試合になったら、相手は手加減せんやん。

 

僕は弱いうえに練習してないの。

 

そら、やられるだろ。

 

それから、試合では逃げ回ろうって決めたんだ。

 

「練習では騒いで、試合では逃げて。

 

迷惑なやつだな。

 

君はずっと楽しそうだな。

 

理解はできんが、フットケアでいいよ。」と手でWHYのポーズを取って去っていくインチョー

 

こうも話が合わんかね。

 

あ、インチョーの足が折れた話聞くの忘れた。

 

新しく宝物をもらったよ。色鉛筆イラスト、僕のキャラクターが出まくってる編

最近、Twitterをよくやってる。どうもジムチョーです。

 

Twitterで仲良くなった、色鉛筆絵師の舟木りこさんから。

 

描いてみました~~、って。

 

おぉぉぉ、すげ~~。

f:id:ichiro-ishiguro:20191009090158j:plain

舟木りこさんが描いてくれた僕

 

なんてことだ。

 

そう、僕を指人形のようにして。

 

そして、扱い方もバッチリでございます。

 

twitter.com

 

綺麗なイラスト、可愛いイラスト、そしてストーリー性があるものとたくさんの表現力を持っていて。

 

すげ〜な〜って思っていたら。

 

僕をストーリーにした絵を描いてくれたんです。

 

今では、もものたねも僕の描き方を忘れたというのに!!

 

多分ですが、最初から描きたくはなかったのだと思います。

 

そうか〜、もう誰もって思っていたところに。

 

描いてくれたのです。

 

ちょっかいかけるところなんて、まんま僕。

 

みんな声に出して、うるさいよって言うのもほぼ事実。

 

見ていないのに、どうしてわかったんだろうって不思議です。

 

これを友人に見せると。

 

「へ〜、色使いうまいな〜。

 

色鉛筆って最近見てないな。

 

癒されるな。

 

色鉛筆でこんな風に描けるんだね。」

 

おい、おい。

 

僕を描いてくれたこと。

 

似てるなとか、まんまお前じゃないとか。

 

あるやろ!!

 

そこは無視。

 

でしょうね。

 

なぜなら、こんなに可愛くないから。

 

認められないでしょうね。

 

だがしかし。

 

いいんだ。

 

僕がものすごく嬉しいから、いいんだ。

 

りこさんありがとう。

みやこ曰く「食べてるご飯がうまいって思えるかどうか」

お仕事を終えて、夕方家に戻る。

 

庭でジタバタしている人を発見。

 

そうみやこ(おかん)です。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20181023214034j:plain

羊羹をもらったお礼に自分の写真を送るみやこ

 

ここで声をかけるって選択肢はないので。

 

視線をしっかり落として横を通り抜けようとすると。

 

「待て待て待て。

 

こっちが蚊と戦ってまでここにいるのかわからんか。

 

みやこうこうをやるのですよ。」と笑顔のみやこ。

 

みやこうこうって言うのは、僕がみやこにご飯をおごるというものです。

 

え~~。

 

もう後悔しないぐらいしてるって。

 

すでに最初にやったことを後悔してるもの。

 

「あかんあかん。

 

できる時にやってもらわないと。

 

できんくなったら、やってもらえないから。」とみやこ。

 

逆やねん。

 

やってもらえなくなるって。

 

したいって思う人がしたらええんちゃうの?

 

どこ行くの?

 

「スシロースシロー。あそこええわ~。」とみやこ。

 

ということでスシローへ。

 

注文をする。

 

一貫しか乗ってない、黒い皿を注文するみやこ。

 

僕、白い皿。

 

また一貫しか乗ってない、黒い皿を注文するみやこ。

 

僕白い皿。

 

ふざけんな、ここは白い皿を積み上げろや!!

 

「あのな、お前はわかってないな。

 

今食べてるものがうまいって思えるかどうかなんだって。

 

私が食べてるのが、一貫300円だから美味しい。

 

そうじゃなくて。

 

今あんたが食べてる食事がうまいって思えるかどうか。

 

人と比べたらあかん。」とみやこ。

 

比べるって。

 

ものすごい目の前で6倍するのを食べられてるんだもの。

 

別会計ならそうだよ、僕が払うんやで。

 

「鍛錬が足りんな。

 

食べてるものがうまい。目の前にあるものがうまいって思えないと幸せになれんぞ。

 

あんたと一緒に食べる食事はうまいな~~。」とみやこ。

 

もっともらしいこと言うてる顔してるけど。

 

あんた側なら、そら美味いって。

 

 

笑顔で手をブンブン振って歩いてるけど。

 

振り返ってみ。

 

ものすごい形相でにらんでるおっさんがいるから。

診療終わりのクリニックでのインチョーとジムチョー

天候が安定しないですね、どうもジムチョーです。

 

基本、僕はパソコンでのサイト作成やら外に出て人に会ったりしているので。

 

あんまりクリニックにいません。

 

クリニックでのお仕事が、窓を拭く。

 

この写真の大きな窓を拭くのは僕なんです。

f:id:ichiro-ishiguro:20190924210301j:plain

クリニックの花壇

うまくやらないと、洗剤が残って逆に汚れてしまう。

 

この時に、花壇のブロックの部分に乗って拭かないと

 

窓拭くゴムワイパーがガタガタってなる。

 

このブロックに乗って窓を拭く。

 

これができるのが、僕なんです。

 

最近は夕方に窓を拭くんですよ。

 

もちろん、花壇のブロックに乗ってますよ。

 

窓を上から下に水を切る。

 

目線も上から下に下がる。

 

上から下に目線を落としたら。

 

窓が反射して僕の後ろの風景が見える。

 

ほんなら、僕の背後に。

 

ハンチングのおじさんがニヤニヤしながら無言で僕を見てるのが映る。

 

めちゃくちゃ怖い。

 

視線落としたら、背後に人がいるって。

 

「ぎゃーーーー」って叫んで、花壇から飛び降りる。

 

そう、兄でもあるインチョーです。

 

「ビックリさせようとしたら、先にビビるなよ。」とインチョー

 

無言で自分の背後に人立ってて映って目が合ったら、ホラーの典型やで。

 

怖いに決まっとろうが。

 

「無言でそんなに驚いてたら。

 

声掛けたら、そこから落ちてケガしてるぞ。」とインチョー

 

だろうな。

 

やるなよ。

 

危ねぇだろ。

 

この年齢でケガしたらシャレにならん。

 

恥ずかしいよ、顔すりむいてたりしたらさ。

 

「手をバタバタさせて、ビビッてたよ。

 

こんな感じで~~。」って手をバタバタさせて僕のマネをしているインチョー。

 

あのさ、お互いさ。

 

40歳超えてるのよ。

 

おっさんがおっさんを驚かして喜んで。

 

それを外で再現するかね。

 

しかも、「みやこ内科クリニック」って大きく書いてある下で。

 

インチョーが手をバタバタさせて笑ってるのを見られたら恥ずかしいって。

 

診療後はだいたいこんな感じです。

 

診療終わりのクリニックでのインチョーとジムチョー

天候が安定しないですね、どうもジムチョーです。

 

基本、僕はパソコンでのサイト作成やら外に出て人に会ったりしているので。

 

基本、クリニックにいません。

 

クリニックでのお仕事が、窓を拭く。

 

この写真の大きな窓を拭くのは僕なんです。

f:id:ichiro-ishiguro:20190924210301j:plain

クリニックの花壇

うまくやらないと、洗剤が残って逆に汚れてしまう。

 

この時に、花壇のブロックの部分に乗って拭かないと

 

窓拭くゴムワイパーがガタガタってなる。

 

このブロックに乗って窓を拭く。

 

これができるのが、僕なんです。

 

夕方、窓を拭きに行って窓を拭いてる。

 

もちろん、花壇のブロックに乗ってますよ。

 

窓を上から下に水を切る。

 

目線も上から下に下がる。

 

上から下に目線を落としたら。

 

窓が反射して僕の後ろの風景が見える。

 

僕の背後に、ハンチングのおじさんがニヤニヤしながら無言で僕を見てる。

 

「ぎゃーーーー」って叫んで、花壇から飛び降りる。

 

そう、兄でもあるインチョーです。

 

「ビックリさせようとしたら、先にビビるなよ。」とインチョー

 

無言で自分の背後に人立ってて映って目が合ったら、ホラーの典型やで。

 

怖いに決まっとろうが。

 

「無言でそんなに驚いてたら。

 

声掛けたら、そこから落ちてケガしてるぞ。」とインチョー

 

だろうな。

 

やるなよ。

 

危ねぇだろ。

 

この年齢でケガしたらシャレにならん。

 

恥ずかしいよ、顔すりむいてたりしたらさ。

 

「手をバタバタさせて、ビビッてたよ。

 

こんな感じで~~。」って手をバタバタさせて僕のマネをしているインチョー。

 

あのさ、お互いさ。

 

40歳超えてるのよ。

 

おっさんがおっさんを驚かして喜んで。

 

それを外で再現するかね。

 

しかも、「みやこ内科クリニック」って大きく書いてある下で。

 

インチョーが手をバタバタさせて笑ってるのを見られたら恥ずかしいって。

 

診療後はだいたいこんな感じです。

 

Twitterで一生の思い出ができたよって話。

ご無沙汰のジムチョーブログでございます。

 

最近、新しいことを始めていて。

 

Twitterや英語のサイト、動画制作。

 

英語に関しては、全然はかどらない。

 

動画制作も字幕に英語を入れるから、進まない。

 

Twitterは日本語やから、逃げるんですよ。

 

Twitterの友だちのまつりさんから、こんなイラストが

 

f:id:ichiro-ishiguro:20190914104107j:plain

まつりさんが描いたジムチョーのイラスト

おぉぉぉぉぉ、スゲ~~可愛い!!

 

元ネタとなる、本人はこれね。

 

f:id:ichiro-ishiguro:20190914104920j:plain

ジムチョー

40歳のおっさんがたった一人で写真に写ってる。

 

笑ってるけどね。

 

カメラを撮る側には、スタッフが三人いましたよ。

 

誰も並ぼうとしない。

 

撮影した後も「これでいいですか?忙しいんですけど。」という感じ。

 

そんな悲しい写真がですよ。

 

こんなかわいらしくしてくれました。

 

ワイシャツのボタンまで再現してくれて。

 

ピーラーでかなり皮を剥いた感じというか。

 

純米大吟醸を作るくらい精米してくれたかのような。

 

実物を知ってる友人に見せたら。

 

「この人、絵うまいな~。すごいな~。どうやって描くんだろね。」

 

僕への感想は無。無ですよ、ひたすら、絵を絶賛する。

 

そしたら、別の日に。

 

Twitter友だちのモカさん

 

これ。

f:id:ichiro-ishiguro:20190914110028j:plain

モカさんが描いたジムチョー

ええ~~~~。

 

おい、ものすごい優しいぞ。

 

ヨーグルトに一晩漬けたかのような。

 

まろやかさに描いてくれました。

 

これも友人に見せると。

 

「これもすごいな。色使いとトトロを肩に乗せるって発想。

 

すごいな~~。綺麗だな。」

 

うん?僕を描いてもらったんだけど。

 

あくまで、トトロはサブやで。

 

どう見てもメイン僕でしょ。

 

可愛く描いてもらったな、実物と違うなとかさ。

 

なんかあるでしょ。

 

それに関しては、無。

 

 

わかった、どうやらみんなには僕が見えていない。

 

というか、見たくない。

 

トトロと背景のみが見えていて、僕はいないこととする。

 

そう脳が判断したようです。

 

みんな羨ましいんだ。そうだろう、そうだろう。

 

こんなうれしいこと人生で味わうことないもの。

 

僕は人に会うたびに、ええもん見せたろか。

 

これだ、すげ~~だろって自慢をする日々が数年続きそうです。

 

こんなうれしいことないですよ。

 

それと、これも。

 

みやこ内科クリニックの折り紙を名産にしてくれた

 

りこさん

 

f:id:ichiro-ishiguro:20190914111334j:plain

りこさんの絵

この三枚はスッと見せれるようになってるから。

 

うれしいわ~。

 

本当、元気でるよ。もともとあるけど、元気出たわ~。

 

一生忘れないです。

 

本当にうれしい。

 

で、これをみやこ内科クリニックの名前の由来でもあるみやこに見せたら

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180316173047p:plain

みやこ

「すげ~~、めっちゃ絵うまいな。

 

母親から見ても、こんな可愛いかった時期ないよ。」

 

余計だ。

 

僕の周囲の人間は、素直に「よかったな~。ありがたいな~。」って言えんのか。

 

なんか余計なの足すわ。

 

ええもんええもん。

 

僕だけの宝物。

みやこ「空気読め」に対して、は?なんで?

雨が降って、よる涼しかったので。

 

実家の片づけを僕がしていたんです。

 

その横で溜め撮りしていたドラマを見ている、みやこ(おかん)

 

f:id:ichiro-ishiguro:20180912151651j:plain

↑人のお金で食べるご飯が大好きなみやこ↑

 

お前さ、横で掃除してるのをわかってて手伝おうって思えへんの?

 

俺の家ちゃうで、みやこの家やで。

 

「だって、手伝いたくないから。」とみやこ。

 

この空気の中で、ドラマ見て楽しめるん?

 

「は?楽しいドラマかどうかをチェックしてんねん。

 

空気読めってな。

 

あんたがな、上手に手伝ってもらえるように説明できひんからってな。

 

私にな、お前の考えてることをさせようって。

 

上手にお願いできひんくせにな、相手にはエスパー並みの能力要求するって変やろ。」とみやこ。

 

どういうこと?

 

「だから、手伝ってもらいたいわけだろ?

 

だったら、それを丁寧に説明せな。

 

それができないから、手伝ってよ念じてたんだろ?

 

私、テレパシー使えへんもん。

 

自分の口で説明できひんくせに。

 

相手には、エスパーの超人的スキルを要求するなって言うてんねん。」とみやこ。

 

え?

 

じゃあ、手伝ってください。

 

あなたの家の片づけを僕がやらされるって意味がわからないので。

 

「イヤだ!!断る!!」とイ~~~ってしてるみやこ。

 

お願いしたやん。

 

理屈も通ってるし。

 

「お願いしたら、やるとは言ってないから。

 

エスパー並みの能力を要求するなって言っただけで。

 

やるとは言ってない。

 

やりません。腰痛くなったら怖いから。」とみやこ。

 

お前、腰痛持ちやった?

 

「持ってないし、腰痛くなったことない。

 

でも、これでなるかもしれない。

 

だから、断る。」とみやこ。

 

え~~と。

 

僕って、人の揚げ足を取ることが多いんですが。

 

こういうやり取りを、小学校の頃からしていて。

 

教育の賜物でございますよ。

 

ただ、空気読めに対しては。

 

確かにそうかなって思ってしまったので、負けです。

 

自分に説明能力がないことを、人にエスパー並みの能力を要求するのは。

 

確かに、よくないね。

 

ただし、そもそもだけど。

 

人に掃除させるのは、もっとよくないね。